一時的に空き家を賃貸|地域に根付いた不動産屋を利用するメリット
婦人

地域に根付いた不動産屋を利用するメリット

一時的に空き家を賃貸

レディー

家を丁寧に管理

リロケーションは直訳すれば移住や転居になりますが、最近では転勤などで空き家になった自宅を一時的に賃貸するという意味で使われます。将来的には入居者に明け渡してもらい、所有者が自宅へ戻って居住することが前提です。空き家のままにしておいても固定資産税がかかるだけで、メリットは何もありません。リロケーションをすれば家賃収入がありますし、空き家にしておくよりは家が傷みにくくなります。ただし入居者によっては、家を汚したり傷をつけたりすることもあるので注意が必要です。できるだけ丁寧に住んでくれる入居者を選ばなければなりません。仲介業者を通してリロケーションする場合にも、注意深く管理してくれる業者を選ぶことが大切です。

契約終了時期の決定

従来の法律では賃借人の権利が強く保護されており、きちんと家賃を支払っている限り、家主から退去を求めることはできませんでした。しかし2000年に導入された定期借家契約で、契約終了時期を明確に定められるようになりました。そのため所有者が自宅へ戻ったとき、スムーズに明け渡しができるようになっています。契約期間をどれぐらいにするかは、慎重に決める必要があります。期間が長すぎると、予定より早く帰ってきたとき、住む場所がないということになりかねません。かといって短すぎると借り手がつきにくく、家賃は通常より下がってしまいます。いずれにせよ条件の合う借り手を探すのは時間がかかるため、リロケーションは早めに準備しておくことが大切です。